松本修
松本 修(MODE主宰・演出家)
1955年、札幌市生まれ。弘前大学中退。 79年、文学座附属演劇研究所入所。文学座に88年まで俳優として在籍。89年に企画ごとにキャスト・スタッフを募る演劇集団MODEを設立。 チェーホフ、ベケット、ワイルダー等の海外戯曲を独自のワークショップで再読・再構成して上演する。
また、柳美里、坂手洋二、平田オリザ、宮沢章夫、松田正隆らの同時代の劇作家の書き下ろし作品も演出。
96年~98年、北海道演劇財団常任演出家。97年~01年、世田谷パブリックシアターのアソシエイト・ディレクター。 同劇場では01年に1年間にわたるワークショップを経て『アメリカ』(原作カフカ)を創作。以降、同手法で『城』、『変身』、『審判』を舞台化。 02年からの「現代日本戯曲再発見シリーズ」では、別役実、唐十郎、竹内銃一郎、山崎哲などの戯曲を新演出、また09年から近松門左衛門の浄瑠璃作品の新演出も手掛ける。
現在、近畿大学文芸学部芸術学科教授。読売演劇大賞優秀作品賞・同優秀演出家賞、東京都優秀児童劇選定優秀賞、湯浅芳子賞、毎日芸術賞千田是也賞、紀伊國屋演劇賞個人賞などを受賞。

【主な演出作品】『逃げ去る恋』、『きみのともだち』、『わたしが子どもだったころ』、『魚の祭』、『ぼくのイソップものがたり』、『プラトーノフ』、『ガリレオの生涯』、『アメリカ』(『失踪者』)、『城』、『変身』、『審判』など。

松本修アーティストインタビュー